So-net無料ブログ作成

至福の一日

DSC_0199.JPG

今日は日曜日。
夫も休みとあって朝、MLBを見てから
車でどこへ行こうかと出発しました。
ソレイユの丘でも行こうと走り出しましたが
途中でのんびり、ゆっくりしたいねと
Uターンして馬堀の「湯楽」へ・・・
三浦の野菜やマグロどんぶりなどの
販売をしています。
先ずはお風呂へと。
休日とあって超満員です。
空いているところ優先で、塩サウナや
サウナをゆっくりと入って露天風呂へ
入ったりしてからお休み処で仮眠を
とりました。

再び混んでいて入れなかった洗い場で体を
洗ったりサウナ、露天風呂と堪能してから
下へ行き美味しそうだったジェラートを一つ
注文、びっくりするぐらいたっぷり盛られた
マンゴーの実が入ったジェラートでした。
美味しかったです。

DSC_0211.JPG

初めてですが4時間の滞在で、どこかへ旅行に
行った気分になれました。
帰りは夕方でしたので海の明かりと横須賀の街や横浜のビル群
そしてあかね色に染まった空に見とれてしまいました。
いい一日でした。

桃 福島&岡山

DSC_0007.JPG
福島を応援しようと言うstd55さんのブログに賛同して福島産の桃を注文していました。
先日、その桃が届きましたので早速開けてみました。
中に入っていた説明書に「まどか桃」とあり、これは
「あかつき」の枝変わりから生まれた新品種だそうで
あまり出回っていないようです。
しっかりした歯ごたえがあり果汁が多く甘みがつよい
と書かれています。
開けたときに甘い桃の香りがしたのでワクワクして食べて
みました。
確かに歯ごたえがしっかりしていて甘くておいしかった~
DSC_0345.JPG

たまたま息子宅へ行く用事ができたので車で出かけました。
持参した桃を食後食べましょうと冷蔵庫へ。
夕方、ピンポーンと宅配便が届き、箱に岡山の桃とあります。
息子が仕事でよく出かける岡山の知り合いの方からの
届け物のようでした。
開けてみると2箱で一つは「清水の白桃」と書いてあり
もうひと箱は「夢白」とあります。
食後、ぜいたくにも3種類の桃を食べました。
それぞれ、香り、食感、味わいが違います。
こんなことは初めての経験です。
「ぜいたくだよね~」「それぞれいいね。」と楽しみました。
桃も産地により美味しさが違うんですね。
桃の甘い香りに包まれた一日でした。

妻沼聖天様(縁結びの神様)

DSC_0437.JPG
群馬の宿を出て、かねてから行きたかった「とみひろ美術館」は
車で1時間かかるらしく姉夫婦と待ち合わせがあるのであきらめて
いざ車でわが故郷へ向かいました
その時の話、「このまま妻沼へ行って聖天様でゆっくりしよう!」
というつもりでした。
それが、ぼんやりしよう!といったらしく皆???すぐに
言い間違えたと笑ったのですが爆笑されました。
「やっぱり、母ちゃんおかしい?」などと冷やかされずっと
「ぼんやりしよう!」と言われる始末。
無事ご先祖様のお墓参りを済ませてからその聖天様が7年かけて
改修をし、このたび国の重要文化財に指定されたとのことで
改めて聖天院を拝見させて頂きましたが、子供のころから遊び場
として馴染んでいた場所で実家はその境内にあり戦前はずっと
料亭を営んでいました。
そんなすごい建立物とは思ってもいませんでした。
DSC_0337.JPG
白い彫り物は象だそうです。
13億の改修費だそうで震災後だったらなかったことでしょう。
それにしても説明の数々に驚きました。
DSC_0356.JPG
左甚五郎の猿の彫り物があることは知っていました。子猫ちゃんが可愛らしく彫られています。
でも目にしていたのは朽ち果てた建物でそんな由緒あるものとは
今日まで知りませんでした。
DSC_0373.JPG
猿が彫られています。全員で「すごい!」の連発、日本一暑いと言われるこの地方です。
汗が噴き出る中での40分間の説明でした。
その後ずっと会うことが出来なかった上の姉に会いたいと連れていって
もらい涙の再会も出来ました。
この妻沼聖天は日本3大聖天の一つで、他には奈良県の生駒聖天と
浅草7福神の待乳山聖天が知られているとか・・・
身近な建物だった妻沼聖天様を改めて認識した旅でした。

お墓詣り

DSC_0205.JPG
お盆休み直前の10、11日に息子夫婦に誘われ、お墓参りに
行ってきました。
二人の息子と私たちと孫の6人です。
朝、東京を出発し都内を抜けるまでの2時間が渋滞でしたが
高速に乗ってからはスイスイと進み長野に着いたのがお昼頃
でした。佐久平の豹変ぶりに驚きながら、お花とお線香を求めて
夫の実家へ。
久しふりの再会の挨拶をしてお墓へ行きお水できれいに洗ってから
お花とお線香をあげて皆で合掌しました。
お土産を頂き、今日の宿へと群馬へ・・・
私がネットであれこれ探して決めた宿です。
平成11年に天皇,皇后両陛下がお泊りになった宿です。

実はそこの最上階の特別室を予約していました。
着いたときはあれ、こんなものかと感じましたが部屋へ入って
「広ぉーい!」「何これ?」という歓声が。
10畳と8畳の和室にリビング、そして玄関や水回りが余裕のある
作りです。
「落ち着くな~」との言葉に良かったと安堵しました。
落ち着いてからこの宿の売りである最上階の露天風呂へ・・・
これまた驚きました。とても広い浴室とサウナ、そして露天風呂と
孫とお嫁さんと私、だれもいない時間帯だったのでかけっこしたり
ポシャポシャしたりと大喜びでした。
そして待望の夕食、実はこれこそが期待していなかったのです。
でも驚きの連続でした。
部屋は4部屋ずつに分かれた部屋で一人ずつの仲居さんが接待して
くれました。
「あら、きれいなお孫さん!、もう少ししたらテレビに出ていけば
いいね~」なんて言われながら和やかに美味しいお料理(懐石料理)
を頂きました。一つ一つがとても美味しくて、器とともに美味しく
楽しく頂きました。デザートの味が忘れられません。
夜はいい宿だったねなんて語らいながらそれぞれの部屋で休み
旅の疲れを取りました。
次の日、我が実家の熊谷へ向かいました。
この時の話は次に詳しく書くことにします。
群馬太田のやぶ塚温泉「ふせじま」という宿でした。


横須賀マスターズ

DSC_0023.JPG
先日の日曜日、横須賀マスターズ水泳大会が
自衛隊50Mプールで開催されました。
ずっと私に付き合ってプールへ通い、少しずつ
水泳が上達していった夫が人に誘われてクラブ
に所属し大会に出るようになりました。
私も何度も入会を誘われるのですが今は
タイムを競う競技にはいまいち乗れません。
当日送りがてら会場をのぞいてみました。
かつて役員として参加をしていましたので
懐かしい顔ぶれに出会い挨拶をして少しだけ
観戦して帰って来ました。
夕方夫が少し弾んだ顔で「メダル取れたよ。」
と帰って来ました。
個人の50Mフリースタイルで銀、200Mフリーリレー
240歳部門で大会新で金メダルだったとか。
良かったねとねぎらいながらもう少しフォームを直して
泳げばもっと早くなると心の中で思っていた私でした。
何はともあれ頑張ったことは素晴らしいことですね。
良かったね、おめでとう!

龍宮城

DSC_0048.JPG
息子一家がやってきました。
ティアラの遺影と骨壺も一緒です。
リビングにそれを納めお線香をたきました。

ティアラの最後の様子を聞きましたが、心配
だった孫たちの様子を見て少しほっと
しました。
それでも会話の合間にティアラのことが
出てきます。
忘れることはないでしょう。少し時間が必要です。
DSC_0371.JPG
翌日はみんなで楽しもうと千葉木更津にある三日月
に出かけました。
道路はスムースに進み10時過ぎに現地につきました。
さすがに凄い混みようで並んで手続きを済ませて
イザプールへ・・・
すごい楽しいプールに大満足して遊び、途中で
6階のラウンジでお食事を頂きました。
好きなものがチョイスできます。
おいしかったのが鶏のから揚げとデザートでした。
他のも美味しくて大満足で休憩所でゆっくりしてから
お湯処で、これもお風呂が流れるプールになっています。
サウナに入ったりして休憩所で待ち合わせて帰宅の途へ。
DSC_0290.JPG
途中海ほたるに寄りました。
偶然東北を元気づける花火を7時からやるというので
時間をつぶして間近で見てきました。
大玉はありませんでしたがとてもきれいでした。
楽しい一日を過ごしてきました。

シソジュース

DSC_0001.JPG

お茶屋さんの「涼煎茶」をおいしく飲んでいます。
先日、湘南国際村の朝市で赤ジソを見つけました。
もうスーパーにはないのであきらめていたので
早速買って帰り、作りました。
今回は出来上がったジュースを少し煮詰めました。
あっという間になくなっています。
夫や息子が飲んでいるようです。
美味しいのはいいことだし、お茶もシソも体に
いいものなので喜んでもらえて良かった~。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。